どうも!まるです。
『副業のるつぼ』へのご訪問ありがとうございます!

今日はお金の副業で気になるものがあったので
One Minute’s FXについて調べてみました!

 


◆商材名  
One Minute’s FX  
運営会社 
クロスリテイリング株式会社              
販売責任者                 
松野有希 
販売価格                   
29,800円
所在地                      
〒101–0051
東京都千代田区神田神保町1-5-1 6F
電話番号                    
03-5244-5377
メール                 
info–one@tamura-fx.com
URL                       
http://cross-service.jp/info/onemin/201704cp.html

 

【免責事項】
当方は、当サイトにコンテンツを掲載するにあたって、その内容、機能等について細心の注意を払っておりますが、コンテンツの内容が正確であるかどうか、最新のものであるかどうか、安全なものであるか等について保証をするものではなく、何らの責任を負うものではありません。また、当方は通知することなく当サイトに掲載した情報の訂正、修正、追加、中断、削除等をいつでも行うことができるものとします。
また、当サイト、またはコンテンツのご利用により、万一、ご利用者様に何らかの不都合や損害が発生したとしても、当方は何らの責任を負うものではありません。

 

 

 

One Minute’s FXは、

シンプルなロジックを、ルール通りにトレードするだけで、
年間10,000PIPSを獲得!
1分足で相場からスパッと利益を抜き取る!
世界が認めた、
「怪盗」TAMURAの
1分足ロジックを初公開!

と、謳っています。

 

 
FX初心者
忙しくてなかなか相場を見られないという方
FXで経済的自由を手にしたい方
負け続けて自信を失っている方

販売者側はこんな悩みや願望を持った人に買って欲しいようです。

 

あなたは今どんな気持ちですか?

セールスレターを一通り読んで、これだ!と思って購入しようとしていたり、購入を迷われている方じゃないでしょうか。

そしてきっと「やるからには勝って、儲けたい」という思いをお持ちなのでしょうね。

数ある情報商材の中から優良な商材に出会うために大切なことは

「冷静に判断する」ことです。

人の心は騙されやすく出来ています。
不安や不満がある現状から理想に「自分を導いてくれるもの」が欲しいんです。

セールスレターを一通り読んで心が動いたあなたは今、冷静さを失っている状態だということに気づいてくださいね。

 

近くの他人に販売サイトを見てもらおう

第三者から見ればそれがいかにおかしなものか、詐欺的な商品かどうかがすぐにわかるような手口が多いんです。

だからもう一度まると一緒に販売サイトの検証をして、あなたの冷静さを取り戻してから内容と価格の判断をしてくださいね。

今回はスキャルピング用の商材です。
では、さっそく見ていきましょう!

 

 

スキャルピングとは?


メリットだけを見ていると必ず失敗します!
これからスキャルピングに挑戦するのであれば、特徴やデメリットもちゃんと理解しておくことが大切です。

 

短時間売買、狙う利幅が狭い

FXはポジション(現在持っている持ち高)の保有時間でトレードスタイルの呼び方が変わります。

スキャルピングはFXの中で保有時間の一番短い一瞬の相場の動きを狙うトレードスタイルです。

取引は1分足をメインに使用して数秒から数分の間に5Pips~10Pipsのわずかな利幅を狙い、1日に数十回の取引を行います。

短時間の取引で、わずかな利幅を狙うので、

高いレバレッジ(10倍以上)をかけて取引量を増やした取引が多く見られます。

 

 

なぜ初心者はスキャルピングに手を出すのか

早く稼ぎたい初心者は、すぐに結果が出そうなスキャルピングに手を出しがちです。

一見簡単そうに見えますよね。

スキャルピングは数秒で利確できます。

すぐにお金が増えていくのが目に見えて分かるので、早く結果を出したい初心者はにはもってこいなんです。

トレードチャンスも何回もあるので、

早く稼ぎたい!
だからいっぱいエントリーしたい!

という初心者の心を虜にします。

ここで気づいて欲しいのは、

本当に稼いでいる人は、正反対のことを考えているということです!

常に稼ぎ続けているトレーダーのスキャルピングには、

多くの知識』、『その場の瞬時の判断』、『集中力が途切れない精神力』が備わっています。

常に短い値動きが目に入ってきても、エントリーしたい!っていうチャートの誘惑に勝って複数のエントリー根拠があるポイントまで待つことが出来ます。

始めたばかりの初心者が手に入れられる芸当ではありません。

 

知識不足から、テクニカルのだましにひっかかる

相場はとても複雑です。その時に入る売買や取引の厚みにも影響を受けます。1分足や5分足レベルまで落とし込んで環境を認識しなければなりません。

そんな小さな値動きを予想するのは、かなり難しいのが実情です。

初心者の方が身につけている知識だけで利益を取り続けられるほど甘くはなく、多くのだましにかかることになります。

 

かなりの瞬発力がないと厳しい

利確や損切りのタイミング、予想外に動いた場合の対応など短い時間で多くのことを自分で瞬時に判断していかなければなりません。

ほんの一瞬の操作ミスで決済できず、トレンドが反転して大きな損失が!なんてこともあります。

1分足や5分足は動きも早く、思っている以上に瞬発力が必要です。

躊躇や判断の遅れが損大利小になってしまうので、かなりの気力と体力が必要になります。

 

人の精神力なんてそんなに持たない

スキャルピングは精神的にも肉体的にも過酷です。

疲れて帰ってきて夜にトレード。チャンスを逃さないようにパソコンに張り付いて、画面とにらめっこし、瞬時に判断して売買しなければなりません。そこから1、2時間。

ちょっとした集中力の低下で、数秒だけ判断が遅れても、致命的なミスにつながります。

始めたばっかりの人はパニックになっちゃうんですよね。

 

トレードスタイルを崩す精神状態になりやすい

スキャルピングでは何十回とトレードを繰り返すので、どうしても負ける回数も多くなります。

そうなると勝って嬉しい気持ちより、負て悔しい気持ちだけが大きくなって冷静さを失って「取り返してやる」という思いに変わり更にトレードを繰りかえす。

つまり自分を見失うきっかけになります。

短い動きでトレードを何回も繰り返していると「損切りしたあとすぐに価格が戻った!!」なんていう残念な結果は多々あります。

そうするとだんだん損切りしているのがバカらしくなり「損切り=もったいない」という思考になり気づいたら毎回損切りをしないトレードになってしまいがちです。

そうやって油断をして今回も大丈夫と思って損切りしなかったら、大きな損失がでる結果になります。

資金が溶けるだけで済めば良いほうでFX業者から追証といって莫大な借金を背負わされることだってあるんです。

 

スキャルピングは薄い利益をとっていく手法なので大きく稼ぐにはレバレッジをかけることになります。

初心者は早く稼ぎたい気持ちからレバレッジをかけ過ぎてファンダメンタルズ要因に気づかず思わぬ大損を被る可能性もあります。

 

証券会社に支払う手数料が馬鹿にならない

エントリー回数が増えればスプレッド(1回の取引にかかる手数料みたいなもの)も増える。

1日に数十回の取引となると取引をするだけで数十回分の手数料分がマイナスになります。

初心者がスキャルピング技術もないのにスキャルピングを繰り返すと、知らない間に証券会社に貢いでいるということになります

 

スキャルピングは人を選ぶ

多くの知識
その場の瞬時の判断
集中力が途切れない精神力

スキャルピングは上級者や専業トレーダー向けです!

 

まとめると、スキャルピング取引は1番難しい取引スタイルです。

 


One Minute’s FX
の内容は?


    
特徴を箇条書きにしてみますね。

推奨通貨ペアは、ユーロドル、ポンドドル
推奨時間は日本時間の夕方から深夜2時ごろ
1日で平均すると、1通貨ペアで3~4回、複数通貨ペア使用で6~8回のチャンス
推奨金額は10万円以上

TAMURA氏の1分足スキャルピングのシステムトレード手法です。
TAMURA氏の1つのインジケーターを使った1分足ロジックをルールに従ってトレード出来るように講義形式とリアルチャートを元にした解説動画で学習します。

 

TAMURA式手法は1分足ロジックに特化したインジケーターが付いていて、次の条件でエントリーをします。
上に表示されたインジケーターにタッチしたら売る
下に表示されたインジケーターにタッチしたら買う
8割以上の勝率で、残りの2割もリスクヘッジにナンピンを仕掛けるようです。

ストレスかかりまくり

ダマシもあって瞬発力もいるスキャルピングは、画面張り付きのままトレード時間が伸びるとかなり精神的、肉体的ダメージが強くなります。
「下手なナンピンすかんぴん」という投資格言があるように、リスク管理を怠ってナンピンを続ければ続けるほど損失が膨らんだり、資金不足になってしまう危険性があります。
勝率が高くても最後にこつこつドカンで、すかんぴん(貧乏)ではストレスたまりまくりですよね。

本当に稼げるんだろうか

「1回のトレードで狙える利益は、10pips程度と大きくはありません。」とあります。
スキャルピングは本来わずかな利幅を狙い、1日に数十回の取引を行うものです。

One Minute’s FX 1日のトレード回数は3~4回と限られており、トレードしているときに必ずしもチャンスが来るとも限らず、1回のトレードが10pips程度ですと、大きく稼ぐにはリスクをとってロット数をあげなければなりません。

フォワードテストもバックテストもない

投資業界ではフォワードテスト・バックテストを提示する事が当たり前の慣習となってます。

購入にあたって、フォワードテスト(リアルタイムの成績)とバックテスト(過去の成績)は必ずチェックして、フォワードテストがある商材を購入しましょう。

One Minute’s FXは、実績も手書きでフォワードテストもなく、信ぴょう性に不安があります。

これまで10年もの間、「検証の鬼」といわれるほど、 緻密で地味な検証をつみ重ねたなら、実績を載せることは難しいことではないはず!

いくら「8割の勝率」と言われても、成績を提示していないものは誰も信用してくれません。

 

 

販売者の経歴とモニターの声はほどほどに

「トレード歴10年、世界が認めるトレーダー。
米国トレーダーランキングで世界5位、日本人で1位の成績を残す。
トレーダー界では「検証の鬼」として尊敬される1面を持つ。」

「1ヶ月で12万の利益!
勝率100%!
ほぼ全てプラス決済
月200pipsを下回った事がない」


よく混同してしまうんですが、購入するか判断するのに大切なのは情報商材の「内容」であって、販売者の「経歴」ではないですから。

「経歴や経験談」なんていうのはいくらでもでっち上げできます。

人は物語が好きです。他人の経験談に共感しやすいです。
まるで自分ごとのようにイメージします。

そして感情が刺激され「これを購入すると自分も稼げる、成功する」と錯覚して肝心の商品の内容が目に入ってこなくなります。

こういうレターを読むと購入したくなるのはコピーライティングのテクニックなんですね。

 

あなたは狙われている

販売者はなぜ売るんだろう?って疑問に思いませんか。
99,800円の価値があるロジックがリーズナブルな価格の29,800円で売られているなんて不思議ですよね。

そんなに稼げる方法なら商材を売らずにトレードで儲けたらいいのに。明らかに稼ぎ方が、「トレードする」から「商材を売る」にすり替わっていますね。

こういったビジネスモデルは、たいてい初心者のような情報弱者がターゲットになります。
カモにならないためにも正しい知識を身につけて冷静に判断したいですね。

 

みんなはどう思ってるの?

いろんな人の意見もやっぱり気になるところですよね!ここで実際に購入した人や詳しい人の声を集めて検証してみます。


One Minute’s FX
みんなの声

 

1分足の割には、ちょっとエントリータイミングが
少なく感じているのは自分だけなのでしょうか?
ある程度の資金力があるトレーダーさん向けなのかなって
半ばあきらめかけてきた今日この頃です。

出典元:暴露板
個人的な意見ですが、この手法ってそれなりに大きな元手がないと厳しい気がします。それと、逆行の時はナンピンマーチンなんでよほど資金管理が徹底できる人じゃないと無理だと思うんですが。 

出典元:暴露板

この手法は、エントリーの条件に当てはまることが少なくて
なかなか厳しいです。

いちおう推奨としてはボンドドルとユーロドルなんですが、
この手法のエントリールールが出現するのが
1日1回もあるかどうか・・・
そこが難点だと思います。

出典元:したらば掲示板

皆さんの声を集めてみると、「スキャルピングで取引回数がすごく少ないというのはきつい」という意見と、「資金量がない人は厳しい」という意見が多かったです!

 

 

 

結局、
One Minute’s FX
は「おすすめ」なんでしょうか?


スキャルピングは初心者にはかなり難易度が高いです。

少しの金額から始められてトレード時間が短いと気軽に始められそうに思いますが、先が読みにくく瞬時の判断を求められ、難しいトレードになります。

今回の商材は、トレード機会が少ない上に初心者向きでないリスクヘッジの手法を使用しています。ちょっとした集中力の低下で、数秒だけ判断が遅れても、致命的なミスにつながり精神的・肉体的負担が大きいです。

初心者は安易に飛びつかないほうがいいと思います!

ということで、今回の副業はおすすめできません。
ぜひ、参考にしていただければと思います。

 

今日のチャレンジが、明日の成功につながる


まるは情報商材全てがダメだとは思いません。
本は万人受けする知識や情報ですが、良い情報商材はより具体的に実践するウハウが詰まっています。

なかにはちゃんとビジネスされている方の商材もあります。

稼げるようになるには、自分で考えることが大切です。
他人や状況に振り回されずに、商材の内容や価格を見ていまの自分にとって本当に「価値がある」と思えるものは迷わず購入して毎日の生活を豊かにしていきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA